コンセプト

 このサイトでは、年間1,000人を超える医師からの問合せと、累計500名以上の医師の資産設計のサンプルデータから発見した、「医師の理想的な人生とお金の管理をあり方」「医師のキャリア・自己実現・夢の実現・幸福など、人生の目的と富のコントロール」を繋げて、自分4.0的な生き方の方法をお伝えしています。

  • 仕事には誇りを持ち満足しているが、激務、責任の割にはお金が貯まっていない
  • 税金の対策や資産の運用は、ほとんどしていなくて、年収の割には資産が少ない
  • 仕事は好きで長く続けたいけど、労働集約型の働き方で、体力の衰えもあり、いつまで続けられるか不安
  • 資産やお金や無形資産に働いてもらい、自分の生き方を労働集約型から資本集約型の生き方にシフトしたい
  • 自己実現、理想のキャリア、夢などを叶える財産基盤の作り方を学び、成長動機で生きたい

などの悩みを持つ方にとって、進む道を定める助けになるような発信をしていきます。

最高の人生と資産運用の検討環境

 累計500名以上の医師が実践している、資産設計プログラム「自分4.0」、自立型投資環境に導く資産管理プログラム「My Life」を運営しています。

(株)インベストメントパートナーズ、代表の川口一成です。

 投資や資産運用で、何をしたらいいのか分からない、何から始めればいいのか分からない、こんな悩みを持っている方はいないでしょうか?

 私自身も同じ悩みを持っていましたが、、、それは、投資、資産運用に出てくる投資の種類が多すぎるからです。

株式

投資信託

国債

ETF

REIT

iDeCo(個人型確定拠出年金)

不動産

FX…他にも多数

 ほとんどの人には、使いどころ、選び方など、わけが分からないと思います。

 いろいろな本があり、いろいろなことを言っている人がいて、結局何をやればいいのか分からなくなってしまうんです。

 このサイトでは、資産設計管理の会社を約15年経営し、ファイナンシャルプランナーを多数雇用し、金融機関等とも多数と取引し、累計数百億円以上の投資意思決定に立ち会って見つけた

  • 資産運用で考えるライフサイクルの視点
  • 成功する資産運用 管理の6大原則
  • 資産管理の環境整備

 を解説します。

 生涯において、この機会に読まなかった場合、ただ闇雲に、[人生・資産運用]、このテーマと向き合うことになり、インターネットや本で書かれている内容に振り回さられ時間を無駄にすることになります。

 

 開業医、勤務医の方とのお付き合いで多くあるのは、仕事に向き合い努力を重ねると、必然的に収入、地位が上がり、より責任あるポジションとなり、その結果、純資産、貯蓄は増え続ける傾向にあります。

 純資産、貯蓄の運用、管理は、いづれかのタイミングでは考えなくてはいけないのです。

 下の図のように【E→S→B→I】の順に進化すると一般的言われています。

 [最近は、勤務医→[投資家件勤務医]の人も増えていますが〕。

 最悪の場合、預金と保険だけで、運用が放置されているという先生は、よく見かけますが、、、今の時代には良くありません。

 20代や30代で、キャリア形成次期であれば、資産運用や管理の必要性は、まだ、そんなにありませんが、徐々にその課題感を高まってくるものです。

 資産管理の環境はできるだけ、人生の早いタイミングで整え、課題や、様々な方面から来る提案、に対応できるようしていることが大切で、本業や、やりたいことに集中した方が絶対におすすめです。

 

資産運用を理解する為の[公式]

◆人生でのやりたいこと=実現する方法→[資産運用×資産管理]

 

 まず、そもそも、資産運用や投資は、何のためにするのか?という話をします。

 最初にこれを理解しておかないと、資産運用で考えるべき意味も分からなくなってしまうので、注意してください。

 

 公式にある通り・・・人生でやりたいことを実現する方法が、[資産運用×資産管理]

 人生でやりたいこと=人生の目的・ゴール

 実現する方法=[資産運用×資産管理]

 やりたいことと一緒に資産運用を考えるところに成功の鍵があります。

 ところが、この人生のやりたいことと資産運用を別に考えてしまう人が非常に多いです。

 資産運用の解説本でも、こまかな知識、用語の解説、メリット、デメリットなど、知識取得を目的とした本などをよく見かけますが、知識過多になって、知っているつもりで、何もできていない人はよく見かけます。

 具体例を挙げていきます。の場合は、

「人生の目的・ゴール」

5つのテーマ[家族・才能・夢・キャリア・社会貢献]で設定したゴールにある、充足感

「資産管理×資産管理」

5つのポートフォリオ、レバレッジ、通貨分散、収入転換、マイライフプラン、ファミリーオフィス

 開業医の方なら、経営理念を考えられたことがある人は多いと思いますが、勤務医の方も、最近は、コーチングなどで、人生の理念を考えられた人はおられると思います。

 人生の叶えたいビジョンの発見、その実現方法の[資産運用×資産管理]、セットでマスターしていきましょう。

「人生で叶えたいことを、実現する方法を学ぶ」というスイッチ

 「人生でやりたいこと、叶えたいことを、実現する方法を学ぶ」というスイッチが入った時、初めて知識は定着します。

 ここで、少し、ドラマを紹介したいと思います。

 人生には、40代を境に、分岐点があります。

 心理学者のユングは人生の正午と表現したり、ミッドライフクライシス[中年の危機]とも表現されています。

 40代前後で、築いてきた人生を、今度は、どうおろしていくかを考えを変えていくタイミングと言われていて、男性なら、社会的成功に向けて邁進してきた人が、ふと、「自分の人生はこれでいいのか・・・?」と考え、これまで、犠牲にしていたこと、[繋がり]や[家族]、やりたかったけど、これまで、できていないことなどを、取り戻そうとしたり、女性なら、子供が自立して、もう一度、人生を見つめ直したりするのがこのタイミングです。

 

 このドラマでは、、、資産の検討を通じて、人生の大切なことの発見をして、これまでの人生の優先順位が変わり生き方が変わって、その背中を見てきた子供が、進路を変え、「後を継ぎたい」となったストーリーで、実話を元にしたものです。

 

 このように、生き方さえも変わるこのプログラムの価値を多くの人に知ってほしいと、役者さんもオーディションを行い決めて、撮影場所の歯科医院は、実際の医院です。理念をご理解いただき撮影協力をいただきました。

 人生で叶えたいことの変化に気付けているか?

 キャリアが進むと課題が変わるように、人生でも、叶えたいコト、大切なコト、その優先順位も変わります。

 それに合わせて、資産運用、管理のフォーメーションを変えていくことになります。

 [形成]、[成長]が大切なコトだったのが、[繋がり]や[伝承]が大切にコトに変わったり、当然、ライフスタイル、生き方が変わってきます。

 収入は減らしながら、資産収入の比重を高めて、利益の為の仕事以外の時間を確保して、人生の充足のための時間を使うようになったりします。

 この変化に気付かず、前、世代の課題にだけ目を向けていたりしてると、ピントがずれた資産運用になってしまいます。

人生の発達 課題という視点

 これまで、お話しした通り、人生の成長に、年齢、収入、時代、ライフイベントなどに応じて、「課題」が必ずやってきます。

 学生期から、社会人への移行期、それから、40歳前後での、人生の正午の課題、勤労収入、事業収入が伸びてきたら、資本集約型、個人資産運用への移行の課題、100年時代へに対応、体資本の収入が下がる傾向からの収入転換の課題、、、引退、資産収入、年金収入へに移行、、、

  • ライフサイクル、人生の正午、ミッドライフクラシス
  • キャッシュフロークワドラント「ESBI」、収入転換期
  • 人生100年時代、ライフシフト、長い老後と無形資産作り
  • 引退、事業承継、子息の教育、結婚など、ライフイベント

 人生にそれぞれにタイミングがあり、課題は変化し、解決を求められることになります。

 私は、自分自身が、そういった人生の転換期で、頭を打ち、痛い目にあって、自分なりに考えて、時には鬱に近い状況にもなり、悩み、解決してきたことを、この資産設計管理プログラムに取り入れ、私と同じ失敗や、足踏みをしなくてもいいように設計しました。

 ここで、私の「失敗談」を紹介しておきます。

 会員特典の会員限定サイトで書いた、会員向けのあいさつ文を紹介します。

私の失敗談

 実は、私は、資産設計管理の会社を経営しておきながら、これまで、自分自身の資産設計管理は、そんなに真剣にはやっていきませんでした。

 当時の私は、上場も視野に入れながら、顧客からも、社会からも必要とされる会社をつくり、純資産を高め、ガバナンスを高め、時価総額を高めていく事が、創業者であり大株主の私は、その結果、資産は築かれるもであると何の疑いもなく思っていました。

 あまり自分の資産に夢中になれば経営に悪影響になりえると、距離をとっていたのも事実です。

 もう少し私の話をすると・・・2018年には、東京の丸の内に新築オフィスを構え、全国へ名前を売るために数千万単位の広告予算を使い、私自身の自著「ほんとうに幸せな投資」の出版など積極的に事業を行い、当時、2014年から2019年までの約4年で売上規模を4倍まで急激に伸ばし「ガムシャラ」働いてきましたし、自分のことは後回しにしてきました。

 いわゆる、卵を同じカゴに入れて、しかも1つのカゴに、自分の人生を賭けている状態で経営をしていました。

 当時の私は、それが、成功の秘訣だと思いながら、そんな生き方しかできなかっと思います。

 しかし、最近のコロナウイルス問題のように、思いもよらないところから、1つ歯車が狂うと、みるみる、どうにもならないような規模で、コントロールを失っていき、これまで、右肩上がりで登っているからこそ、付いてきてくれていた人は離れていきました。

 広告費も、バカ高い丸の内のオフィスも上手くいっている時こそ伸びるモノであって、逆境では、高いコストが経営を苦しめるようになり、私は苦渋の決断として、損切し、早期撤退をして、多額の損失も出してしまいました。

 上場企業の社長なら、更迭になっていたかもしれません。

 私は、鬱にも近い状態となり、人生について、これまで信じてきた戦略を手放し、暗い話ですが(笑)、夜眠れずにひたすら、人生と資産の戦略を見直すことになりました。

 夜な夜な、トマ・ピケティ氏の「21世紀の資本」を読んだり、自著「ほんとうに幸せな投資」を読み返したりして、毎晩、自問自答を繰り返し、私は、次の2つのことに気付きました。

 ・卵を1つのカゴに入れながら、不安定な道を歩いている。

 ・これまで蓄積してきた純資産は、新たな成長や、事業の収益向上の為だけに活用している。

 若い経営者にありがちな失敗をしているのに気付きました。

 「新しい戦略のイメージ。。。」

 事業の成長は、ちゃんと追いかけながら、資産が資産を生む、富が富を生む投資はちゃんとやるべき。

 純資産の活用など、信用力も含めて、新規事業、事業収益にだけ投資するのではなく、法人の資産が殖える運用もするべきで、結果的に余裕も持って経営ができる。

また、↓の有名なピケティ氏の式のように。。。

 r     >   g

 資本収益率          経済収益率

[投資運用収益]         [労働による収入]

 

 労働収益の伸びより、資本収益の方が伸びるわけで、私は、資本の伸び率が最大になるような取組をしてなかったと気付きました。

 労働集約型のビジネスに純資産を使い、また、事業借入も労働集約型の事業に資金を投入し、事業収益にだけ資金も労力も使っていて、資本収益率に目が向いていませんでした。

 このような気付きから、私は、資産設計管理のコンサルティング事業で培った人脈を使い、法人でも個人でも、資産運用を最大限やっていこうと思い、これまで、個人や法人が潤う資産運用とは距離を取って、あくまで、顧客への紹介用に情報収集しておりましたが、自分でも積極的に、不動産、有価証券、オペレーティングリース、節税と資産が作れるスキームなど、最新の運用資産を、組織で研究し、会員様に情報提供しようと決めました。

 ここに書いたことが、このコンセプトを決めたストーリーです。

 月会費は少額に設定しています。

 経営者なら経費で落とせるでしょうし、私が紹介する案件で、節税スキームを使えば、年会費も楽々、元を取れると思います。

 これから、私が学び、人脈を使い集めた案件を、私が身をもって体験し、毒見もして、効果があるモノを紹介していくつもりです。

 私は、自分でも、4.0プロジェクトを受け、自分らしい最高の人生を発見しました。

 今後、さらにビジョンをを高めていこうと思っています。

 そして、その私の人生を支えてくれる「資産基盤」の構築の仕方を、私自身が真剣に悩みながら実践していくことを会員様に伝えていきます。

 いつの日か、お会いできるのを楽しみにしています。

 感謝を込めて。

 川口一成

ーーーーーー

引用終わ

 私の失敗は次の通りです。

  •  私は、ライフサイクルを知らずに失敗した。
  •  私は、事業成長だけの視点しかなかった、「ESBI」ビジネスオナーから投資家への移行で躓いた。
  •  資本収益率>労働による収入を加味していなかった。

資産設計プログラム「自分4.0」ゴールベース資産管理「My Life」

 1.資産設計プログラム「自分4.0」、2.自立型投資環境に導く資産管理プログラム「My Life」は、この2つのプログラムは、ライフサイクルなど、4つの課題を解決できるように設計されていて、1部・2部に分かれています。

 1部では・・・ 

 理想の人生の発見をテーマに、高度なコーチング、カウンセリングを軸にした、ライフウェイクという手法や、同じ医師達の「資産と人生」をテーマにした多くの事例を対比させたブレーンストーミングを行い、一人では、到底 発見できないような自分の自己実現、真に理想的な人生のは発見を行います。

 そして、その理想的な人生を叶える資産基盤の作り方を伝授して、実現方法として、好みや性格をカウンセリングした結果、長期間コントロールできる運用資産の特徴、リスクを学び、ポートフォリオの組み方を体得していただきます。

 自分だけのライフプランを作り、未来地図を手にしていただきます。

 2部では・・・

 自分の自己実現、理想的人生と自分だけのライフプラン、自分に合ったポートフォリオを手にしていただきますが、2部では、投資リテラシーを上げていきます。

 積立商品の種類、保険の仕組み、税金の仕組み、節税スキームの理解、不動産、株式、など、投資の種類を理解するところから、投資熟練度を上げていきます。

 理想の人生を発見した医師が、自立して資産運用を管理してけるようにプログラムされています。

 会員限定サイト内では、動画学習、コンサルタントによる、質疑応答、応用、セッションよる、ライフプランの底上げができます。

 単なる、知識取得で、実現できないようなプログラムではなく、実践的に成果を上げられる、実績がある会社が主催している限定会員 資産管理プログラムとなっています。

 

 

成功する資産運用 管理の6大原則/ステップ

Step.1ブレーンストーミング

「投資、資産運用は、人生を良くする為に行うモノなので、人生そのもののビジョンを描く。

 同じ医師、近い年齢、家族構成、年収など、様々な事例を見て対比することや、コーチングによる導きによって自分だけでは発見できない、理想、想い、ストーリーが見つかる場合もよくあります。

 要所を押さえたブレーンストーミングにより、ただの夢物語にはならず、リアルな実のあるビジョンが、ヒアリングシートのテーマに沿って考えていくだけで、自分らしい最高の人生の発見ができるように工夫しています。

 

Step.2 ライフウェイク・人生の目的の発見

「人生を振り返る事で、情熱や夢、自分らしさを再発見して、今だからこそ出来そうな夢、課題、やりたい事を再挑戦のリストと財産設計管理の連動させる。」

 資産運用を考える時、人生を考えることと同じようなものです。

 買いたいものがあるからお金を払うように、叶えたい人生があるから資産を運用するのです。

 軸となる「人生の目的」をはっきりさせることは、人生に大きなインパクトを与えます。

 最初は、「人生の振り返りなんて、意味がない」「自己開示なんてしたくない!」そんな思いを持っている人もいあたりしますが、、、実は、私がそうでした 笑

 突然、降ってくるというか、閃くというか、湧いてくるというのか、、、不思議な体験をします。そして、突然、その瞬間は来るかもしれません。

 「ん?。。。」 

 「あの時のアレは、だから、こうだったのか⁉」

 「いつも自分は、このことを追い続けてきたのは、あの時のあの体験が・・・」

 みたいに、記憶と体験、自分が選んできた人生の選択が繋がってくる瞬間が来ます。

 そこに人生の神秘、目的、人生のゴール、そうゆうモノが眠っています。

 私は、それが発見できた時、涙が止まりませんでした。

 すごく大切な原則です。

 

Step.3 人生のゴールまでの設計図が手に入る

将来もらえる年金額、人生のリスク、現状の税制など、押さえるべき前提を理解して、投資スタイル、自分らしいファイナンシャルゴールを決める。

 人生で逃げられないものは、「死」「税金」などと言われています。

 理想の人生を描くにしても、人生の≪ルール≫というのか、、、

 人が、世界秩序の中で生きるのに、≪前提≫というのか、、、≪縛り≫というのか、そのなモノがあります。

 税金、死、他にも、生活費、養育費、交際費、などの支払い、病気、事故、保険、冠婚葬祭、、、こういったモノたちです。

 右手に「理想のビジョン」 左手に「この前提などのルール」これらを折り合いをつけながら、

 自分の、支払い、税、保険、年収やら、この前提を全て、テーブルに乗せて、これをライフプランというのですが、スマートにシートにまとめて、シュミレーションをテクノロジーを使って整理して、わかりやすくできます。

 「これだけ税金を払うのはわかった・・・」

 「その上で、これだけの収入を得る」

・・・

 「これだけの支払いがいるのはわかった」

 「その上で・・・こうする」

 さらには、例えば

 「これだけのことを、自分の人生にオーダーするなら・・・」

 「このくらいの支払いになるけど、やっぱりやりたいから全部やる♬」

・・・

 「仕事を引退したら、これだけの支出があるから」

 「これくらいの運用はやる」

 こんな感じで、前提に対して「どうするか?」、前提に対して「どうするか?」・・・と、繰り返していきます。

 設問に答えながら、普通にコミュニケーションを進めるだけで、この投資に対する前提が理解出来たり、投資に対する姿勢やルールが決まったり、引退時期の財産的ゴールが決まったりできる、コミュニケーション・プログラムが用意されています。

 

Step.4 1st アンサーディライブ・マイライフプラン

 人生のオーダーを一冊にまとめて記録する。

 統計によると、人は、年間150時間、「探して物」しているらしいです。

 書類がない、保存したファイルがない、資産管理なら、確定申告、保険証券、他にも、記憶情報も、、、「あれは、どの位の数字だったか・・・」「あの資料に書いた、あれは、、、」と、よくあることです。

 「探し物をなくす」ことは、ビジネスでもプライベートでも重要なことです。

 情報を集約して、1つに管理できるようにしましょう。

 ライフプラン表、個人BSの推移表、ポートフォリオ、投資スタイル、資産基盤の目標、など、大切な数値を記録していつでも見れるように、パイロットのコックピットのような仕組みにしましょう。

 

Step.5 資産管理の環境

 投資熟練が上がり、目利き、管理力が向上

 投資熟練度が上がれば、自分ができる投資が広がり、リスクコントロールを学べば、高い利回りも検討できます。

 意識のアンテナを張れば、必要なモノが引き寄せられるという話です。

 今検討できる投資と、10年後、検討している投資とでは、違ってくるでしょう。

 さらに、そのような環境に身を置くと、管理力、経験、目利きが上がっていきます。

 法人も個人も、純資産、貯金を増やすために活動をしていますが、開業して10年20年となってきますと、それなりに純資産も貯まっているはずです。

 そんなタイミングで純資産の管理で、不動産管理ノウハウがあったり、ライフプランが整備されていたり、節税+資産形成になる運用資産を管理できたりすることは、大変有利になるはずです。

 また、未来、目利き、経験は高まっており、よりよい運用資産を選択できるでしょう。

 

Step.6オンラインを活用し、365日、24時間、必要な情報が必要な時に手に入り、いつでも相談できる環境をつくる。

 会員サイトのアクセス権限を得て、リアルタイム、必要な時に必要な情報とアクセスできる環境を手に入れて、刻々と進化する情報についていける環境を手に入れる

 節税、運用、法人活用、といった知恵は日々進化しています。

 知のプラットホームを作り、アクセス環境があれば、資産管理に必要な情報を必要なタイミングでシェアすることができます。

 医師たちの最新資産設計管理の事例共有、最新 節税 情報、特殊商品の解説、紹介、

 反転オンライン学習プログラムによって、動画学習、定期セッションなどで、金融リテラシー向上できる環境が大切です。

 

合わせて、参考になる記事を紹介しておきます。

・資産運用×資産管理のことで、まだ、解決できていない人に、最初に伝いたいコト

・「ほんとうに幸せな投資」 書籍の案内

 

最後に…

 現代社会、この日本、世界で、経済的成功の先にある貢献の心で生きる人を増やすべく、この《my life》を立ち上げました。

 私は、これまで 数多くの医師の皆様、500名以上の医師の方々のアイデンティティと資産設計をヒアリングし、人生と資産の計画作りに立ち会ってきました。

   この経験から得たノウハウを体系化させ、テーマに沿って考えるだけで、「自分らしい最高の人生の発見と、年数百万円単位の節税、月100万円以上の資産収入と、人生の出口プラン」が手に入るようにプログラムしています。

「あなたにとっての最高の生き方とは何か?」

「その生き方を24時間、365日支えてくれる資産基盤とはどうゆうモノか?」

「資産基盤で、未来の不安を無くしたら、次に見る夢や生き方は、どんな人生か?」

「未来を見通したら、次に何を見るか?」

 「自己実現と共に生きる人生とは、どんな生き方か?」

   生き方のセンス、ストーリーの提供、最新節税・運用 事例を届ける、知恵のプラットホームのアクセス権、アメリカで既に浸透しているゴールベース資産管理のメソッドの提供、[医師×資産管理]に強い専門家連携支援、これらを提供し、あなたの《人生の目標[ゴール]と、富のコントロールが繋がり、人生の謳歌と自己実現が挑戦できる資産管理環境が整っている》という、成功ビジョンを支援します。

 ぜひ、ご一緒に、自分の最高の人生と共に、資産運用管理が、つながり、皆様が、最高の人生が送れますように尽力したいと心を熱くしています。

 感謝を込めて、

 川口一成。

 

無料オンラインセミナー参加はこちらから

限定企画はコチラから

資料請求はこちらから